[PR] 中学校での通信簿はいつも2。それでも、コツをつかんで1年でTOEIC900!正統派の英語学習法

ホーム>英会話独学術;英語・英会話教材:1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法!

サイトマップ更新履歴

1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法!

英語とは暗記の科目です。
しかし矛盾しているようですが、暗記しているだけではその場しのぎになってしまい、いつまでたっても英文法ができるようにはなりません。

誤解しないでもらいたいのですが、英語の学習で暗記は非常に大切なことです。
ただこの暗記を一つのケースのみに当てはめてしまうとそれ以外で
応用が利かなくなってしまうということです。

この教材はTOEICの高得点のみを目標としているのではありません。
またTOEIC自体が英語の学習のみに重点を置いているのではなく、英語によるコミュニケーションの幅を広げようとする目的があります。

著者Ken Adamsさんの学生時代の英語に対する悩みや、英文法の大切さ、どのような学習方法で効率よく学べるのかを詳しく説明しています。
販売元HPの中にこのような説明があります。
(一部を内容変更しています)

『例えば、一つの品詞を理解するためにその品詞にかかわる他の品詞の理解が必要になります。
つまり、英文法は一番下からしっかりと基盤を作っていかないと、ざるに水状態になってしまいます。
逆に言えば、「一番最初の基盤から作っていけば、英文法はばっちり理解できます。」』
英文法の学習にレベルはありません。
中学生でも高校生でも学習することは同じです。
英語の学習は積み重ねをしていかなければならないため途中が抜けてしまうととたんに脱線してしまいます。
英文法の土台がなければどんな人にも英語は難解なものだと感じてしまうのです。

『分かる!解ける!英文法!』の特徴:

学生時代にはいろんな問題を解いて英語を学習したことだと思います。
私も受験のために英語の勉強をこなしてきました。
ですが、実際どれくらい英文法を理解できたのでしょう?

正直分けも分からず英語の問題を解いていた感もあります。
この『1年でTOEIC900!分かる!解ける!英文法!』は、これまであやふやだった英語の文法をまるでパズルでも解くかのように英文法を身につけることに重点を置いています。

例文になりますが、次の問題を解いてみてください。(販売元HPより)
1.This is the hospital ________ I visited to see Kenny.
(a) which
(b) where
(c) when
(d) why

正解は(a) whichです。
解けましたか?
また、解けた方はどうしてだか説明できますか?

英文法が身につくと

  • 英語を日本語に訳さなくても理解できる
  • 英語を文頭から一気に読めるようになる
  • 自分の言いたいことを話せるようになる
  • ネイティブ的な感覚を身につけられる

英会話の基礎は英文法が基礎となっています。
基礎をしっかり築くことができれば、リスニングやスピーキングにも大きな影響を与えます。

先ほどの問題、解けたか解けなかったかは問題ではありません。
初心者の方で解けなかったと気にする必要もありません。
大切なのはなぜ「whichが必要だったか」ということを理解することです。

初心者から上級者まで英語の文法の学習に変わりはありません。
一つ「なぜ」が理解できれば、一気に英語の幅が広がります。

☆あやふやなところを確信に変えたい
☆本格的に英会話に取り組みたい
☆TOEICで高得点をねらいたい
☆長期的な視点で英会話をマスターする心構えを持っている
こんな方にはオススメです。

日本で育った人が感覚的に、自然に英文法センスを身につけるのは難しいと思います。
教材の内容は5文型、品詞といった初歩的なものから仮定法、倒置といった手ごわいものまで、万遍なく、まとめています。
テスト対策としてだけでなく、実際に英語を使えるようになるために、オススメの一冊です。

分かる! 解ける! 英文法!

1年でTOEIC900分かる解ける英文法

ページトップホーム英語・英会話教材へ戻る

inserted by FC2 system