[PR] 中学校での通信簿はいつも2。それでも、コツをつかんで1年でTOEIC900!正統派の英語学習法

ホーム>命令文・否定命令文>勧誘文(Let's〜)>丁寧な命令文(依頼・許可)

サイトマップ更新履歴

命令文

スポンサードリンク

命令文"目次"
命令文・否定命令文
勧誘文(Let's〜の文)
丁寧な命令文(依頼・許可)
助動詞を使った丁寧な命令文。慣用(決められた形)表現なので文章の形を覚えて使用しましょう。

疑問詞

丁寧な命令文

助動詞を使った丁寧な命令文。
慣用(決められた形)表現なので文章の形を覚えて使用しましょう。

依頼や許可を求める表現

助動詞を使って依頼や許可を求める文章を作ることができます。

助動詞、can は学習しましたか。
You can 〜 . (あなたは 〜 できます。) こんな感じでした。

can 以外にも助動詞は will, may, shall などがあります。
個々の単語にはもちろん意味はありますが、これらを使用して何かを依頼したり、許可を求めるときに使用する文章を作ることができます。

例えば
『 Can you 〜 ? 』は通常「あなたは 〜 できますか」と訳しますが、依頼文になると「 〜 してくれませんか」と訳します。

次の文を訳してみましょう。
■Can you play tennis ?  
→あなたはテニスをすることができますか。 このようになりますよね。自然な文章ですね。

では次の文はどうでしょう。
■Can you open the window ?  
→あなたはその窓を開けることができますか。
いわゆる直訳(英語の単語をそのまま訳すること)をするとこうなりますが、よっぽど小さな子供や、その窓が鉄でできているときでなければ、「その窓を開けることができますか」とは尋ねません。

この文章は「その窓を開けてくれませんか」という依頼をしているのです。

助動詞を使った表現はこのようになります

依頼をする
 「〜してくれませんか」
 「〜してくださいませんか」



Will you 〜 ?/Can you 〜 ?
Would you 〜 ?/Could you 〜 ?
許可を求める
 「してもいいですか」


May I 〜 ?/Can I 〜 ?
申し出る
 「(私が)〜しましょうか」


Shall I 〜 ?
誘う
 「(私達が)〜しましょうか」


Shall we 〜 ?/Let's 〜 .

〜 の部分には動詞の原形が入ります。 決まり文句になりますので文の形をそのまま覚えて使用しましょう。




ページトップホーム|次へ→疑問詞を使った疑問文

inserted by FC2 system