[PR] 中学校での通信簿はいつも2。それでも、コツをつかんで1年でTOEIC900!正統派の英語学習法

ホーム>ランキングについて          

サイトマップ更新履歴

人気の英語教材ランキングについて

『一年五組 英語の時間』サイト内での人気度評価です。
とくに教材の優劣を評価しているわけではありません。

英語基礎学習をメインコンテンツとする当サイトへの訪問者の傾向、教材の内容等を考慮して各教材がなぜ高評価を受けたのかを分析しました。

教材等の詳しい内容につきましては、ネット上の教材情報サイトなどによるレビューや使用者の評価を参考にさせていただいています。

各教材が有益かどうかは人によりさまざまです。

教材を賢く選ぶコツ

1.目標に合った教材であること
英会話習得や、資格取得の受験など英語学習の目標を立て、その目標達成のために自分の弱点を把握し、克服の為に必要な教材か判断する

2.継続できる教材であること
英語を自分のものにするにはある程度の時間が必要になります。
この時間も人によりそれぞれです。
一つの教材から学ばなければいけないことを習得するにも時間がかかります。
すぐに投げ出してしまってはせっかくのこの教材の"ウリ"を得ることができなくなってしまいます。
自分の生活リズムに取り込めるような教材を選びましょう。

3.楽しめる教材であること
英語の学習は結構単調なものです。
暗記ものが多いので仕方のないことだと思いますが、この単調さが苦痛になってしまっては続けることさえ困難になってしまいます。
メリハリのつく学習の為に楽しめる教材を選ぶことがコツです。
イラストの多いものや音声でいろいろな英会話を聞くことができるものなど勉強の合間にアクセントをつけてくれる教材は継続に一役買ってくれます。

4.価格
英語の教材の価格は、安いものから高額なものまで、はっきり言ってピンからキリまであります。
価格と満足度はできる限りイコールの関係が好ましいのですが、こればっかりは教材を使用してみなければなんともいえません。
ただ、紹介されている教材のほとんどが何日間の無料試用期間か無料返品期間を設けています。
これは販売側も購入者側の不安を知っています。
それを取り除くために設けたサービスのようです。
無料サンプルとしても販売側の熱のこもった商品なので、真商品として利用することができます。
また、無料サンプルを準備してない教材にも、著者のメルマガや経歴を紹介していることもありますので、そういったものをまずはご覧になるのもよいと思います。
メルマガなどはほとんど無料で配信しています。

英語の習得には優良な教材は欠かせません。
自分の"適材適書"を手に入れましょう。

ページトップホーム

inserted by FC2 system